Issue "Get Ready" - Europe Round Trip Tips.





This Article is about "How I planned my one month of Europe Round Trip by myself".
18, June, 2016 to 11, July, 2016 for about a month.

Who dose not dream about going to Europe during Summer?
After the cold winter finishes, Old architectural, beautiful lights from the sun,
The trees shake in the wind, people are laying on the grass,  The cities have a vibrant feel to it.

Europe.   Making by people who proud of their culture and history.


誰もが憧れる、ヨーロッパの夏。
寒くて長い冬が終わり、立ち並ぶ古き良き建築に強い光が差し込む。
揺れる木々、芝生に寝転ぶ人々、活気ある街並みに、それぞれの国の言葉が飛び交う。
長い歴史、それを誇りに思う誇り高き人々が作る別の世界、ヨーロッパ。


2016年6月18日から7月11日の約1ヶ月間、ヨーロッパの6カ国を一人旅しました。
ルートの決め方、交通手段や宿、目安の費用など詳しく書いていきます。



1. How I decided to travel to Europe "by myself"
 - ヨーロッパ1人旅を決めた理由 - 



六本木ヒルズの某企業に秘書として勤めていた頃、「このプロジェクトが終わったら将来のことプランニングしたいな」と日々頭をフル回転させて、その先のことを考えていた。

遠距離交際をしていた私にとって、このままこの企業で勤めていくことは、イコール別れを意味していた。後に退職したのはそれが理由の全てではなかったけれど、きっかけになったのは確かだった。

When I was still working for a company as a secretary, I was thinking that "After the project finishes, I wanna make a plan about my future "

As I was in a long distance relationship, Keep working for this company in Tokyo means breaking up with my partner.  It wasn't only the reason that I needed to quit my job. But it was one of reason yes.

仕事を辞めるからには貯めたお金で旅をしよう。

じゃあ行き先はどこにしよう?

旅が好きな私にとってそれはごく自然な流れだった。

私の行きたい先リストのトップはいつも中米・南米。
留学時代の友人の6割がそこに住んでいて会いに行きたかったし、美しい自然をこの目で見てみたかった。

多分、もう少し若い頃だったら勢いで南米に行っていたと思う。

でも、年齢が、というよりは、経験がその考えの邪魔をした。

過去に怖い目に合わなかったわけじゃない。長期の旅でバックパッカーをしたり、
いわゆる「若い旅」をたくさんしてきた私にとって、旅が必ずしも楽しいだけではなくて、恐ろしい場面に遭遇することがあることを知っていた分、友達はいるものの、1人で南米に行くという決断ができなかった。

せっかく南米に行くのなら安全なツーリスティックな場所しかまわらないなんて嫌。だったら、南米は後にとっておいて、将来パートナーと2人で行こう。

So now, I have decided to quit my job.
Why not going to travel then? Let's see where I wanna go.

It was very natural to think that way for me.

South America is always one of top place on my list. I have a lot of friends who live in South America. Most of them are people I met in Canada. I always wish to see them again and of course I wanted to see the beautiful natures.

I am sure I went to South America If I was early twenties.
It dose not means that I am not young anymore, I just went to lots of travel already in my life and had so much experience which is fun, and which is not too fun, yes, I had such a scary experience too.
That experience talked to me to not going to South america by myself.
I was agreed with it, thought that better to go with my future partner.


じゃあ、どこにする?

勤めていた某企業の直属の上司、ミホさん。

私はこの人を心の底から慕っていて、尊敬していた。仕事についての記事はまた別の機会に書くことにしよう、そう、このスーパーできる女性ミホさんは、仕事がひと段落するとよくフランスに行っていた。

「英語から遠ざかれる場所に行きたいから」
私たちの上司はアメリカ人だったので、そう言ってフランスにふらりと旅に出る彼女が、そうやって思うようになるんだ、かっこいい!と密かに憧れていた。

ミホさん以外にも、できる女性の先輩たちはみんなここぞと、スペインに美味しいワインを飲みに行った話や、イタリア旅行で買った質のいい洋服を着て仕事に来たりしていて、

そうだ、私は今、あくせく忙しい旅じゃなくて「ゆったりのんびりしたちょっと優雅な旅」をしたいんだ。

と気づいた。忙しかった仕事の疲れを癒すちょっと大人な旅をしようと、そこで行き先をヨーロッパに決めた。


ここから、私のヨーロッパ一人旅のプランニングが始まった。

If not South America, where do I wanna go?

Miho.  she is the one of woman who I most respect in the world. and she was my boss at the company.

She likes to travel to France after busy work days.
She said that "I wanna go somewhere I don't need to hear English in the town"
Executives at our company was American. So she wanted to feel she is away from work for a while,

And the other woman who work with us also liked travel to Europe, I heard sometimes about good wine in Spain, saw wearing the good quality clothes from Italy etc.

I came up with a good plan,

Yes, I wanna go to travel like slow, and I can rest, and a little bit elegance.

 Then after all thoughts, I have decided to going to Europe.









2. Route 
- ルート - 




ヨーロッパと一言に言っても、国の数は50カ国。
当初は3ヶ月くらいの期間で、倍の12カ国くらい周りたいと思っていた。

飛行機のチケットは、よほどの大セールや何か特別なディールがない限り、2ヶ月前が一番いい条件で買えると思っている。1ヶ月をきると日程が近づくごとに値段が上昇し、直前はとても高いか、トランスファーが長いイメージがある。

その日にその予定を決める旅のスタイルも悪くはない。

実際、過去にそうした旅をしたこともあったが、
出さなくてよかった費用がかかる、
こだわりがある場合何かを諦める必要がある、
柔軟性をより求められる、
というデメリットがあるのと、

私の性格上(仕事柄)、旅に出る前にきっちりプランニングして準備万端の状態で旅するスタイルがスマートで好きなのでそうしている。

特に時間に制限がある場合は、大まかなプランやその国の前情報があったり、歴史の知識は多少入れていったほうが面白い見方を出来たり、その場の雰囲気にのめり込み、存分に楽しめるようになる。

Where you say single word "Europe" covers 50 countries. 

I originally planned 3 months traveling and see more than 12 countries.

The best timing to buying the plane ticket is 2 months before the trip, It's just my opinion from the experience, 2 months is always good timing unless there's big sale or special deals.  It's always the price gets higher when the date comes close,  or long transfer. either way not the ticket you will expect. 

Not bad to travel with no plan as well.

In fact, I have been traveled without planning in the past, But most of the time, I needed to pay extra money for lots of things, or If you have something particular you wanna do, better make a plan, you might need to give up since "travel" has a limited time. 

After all, My travel style changed, I'd like to organize my travel plans before the trip.  

especially when you have a limited time on your travel, Much better if you have rough schedule, and know a little bit of information of the country, history as well, you might be able to see from different vision, above all, You can fully enjoy your trip without extra trouble! 


まず、日本から到着するのをどの国にするか考えた。

最初から頭の中にイメージがあったのは、ロンドン。

パリもいい。でもパリは行ったことがある、

ずっと行きたかったバルセロナも悪くない。

でもバルセロナはもう少し暑くなった頃に行きたい。



結果モスクワを経由してロンドンに入ったのだが、
最初に到着する国の決定は私にとって重要だった。

1ヶ月間の私のアドベンチャーの皮切りに相応しい国から始めたかったからだ。

旅をするのに大切なことはたくさんあるけど、

自分だけのストーリー作りをするのも欠かせない事項のひとつ。

旅で成長した、って思える人は大体の人が何かしら、

ドラマチックでセンチメンタルな何かを
旅に求めているんじゃないかな。

私のこの旅にだってちゃんとテーマがあった。

それに相応しい、なんだかこの先の旅がワクワクするような場所にまず到着したくて、
仕事をしながら、毎日フライトチケットをチェックした。

なんとなくロンドンでスタートすることを頭に入れながら
スカイスキャナーで出発地にロンドンを入れて、
目的地は設定しないで調べる日が続いた。

ロンドンからスウェーデンのヨーテボリが低価格で、
ちょうど東京のゲストハウスの時のお客さんの、今でもとても仲の良いスウェーデン人の女の子がヨーテボリに住んでいるので、すぐに彼女に会えるか連絡を取った。


ロンドンでは何人か友人にコンタクトをとって、ちょうどよい日程で一緒に観光をしてくれて、ホストもしてくれるという、昔カンボジア旅行で出会ったマヌと、その彼女のマイリーを見つけていた。


スウィディッシュのヘイミーはその期間夜勤の仕事が多く、ホストになるから来るだけ来てと言ってくれたものの、肝心なヘイミーとハングアウト出来れば意味がない。他に空いてる時間がないかよく話した結果、私の旅の半ばの時期にホリデーを取るつもりだったとのことで、

じゃあフランスに住んでいる友人も誘ってパリでみんなで会おうよ!


と話がまとまった。ここで、北欧に行くことはこの旅では諦めたけれど、
また私にとってワクワクするストーリーがひとつ追加された。


その後考えたのは、この旅を決めてから絶対に訪れたかったスペインとイタリア。

仲の良い友人のいるアムステルダムにも行きたかったので、

スカイスキャナーで思考作補、値段の高すぎないチケットで、

友人の日程が合って、

ルート的にも無理のないように予定を組んだ。


In the first place, I started to thinking where I will arrive.
I thought It's gonna be nice to start in London, 
Paris, good. But I have been. 
Barcelona, Not bad, But I wanna be in Barcelona later when it's very hot weather.

It was very important that which country I will start my adventure with.
There's lots of things that important to your trip, and making your own story for your travel is also important. 
"I feel I grew up cause of this trip" People who think, They at least have something special feelings for the travel, might be dramatic, etc

And I finally my travel route. Here it is.


London

Malta

Amsterdam

Paris(for transfer)

Ibiza

Barcelona

Paris

Venice

Milan


マルタは友人がコミノに行った写真をFacebookでポストしていたのを見てから、
どうしても行ってみたかった場所。
サントリーニとクロアチアのドゥブロブニクも行きたかったけれど、
このルートに組み込みずらかったのと、
誰かと一緒に行った方が楽しめそうな場所だったので外した。


ヴェニスも多分、カップルで訪れるような場所だったけれど、
旅好きな祖父が必ず見に行きなさいと生前言っていたので優先してルートに入れた。


事前に全てのトランスポーテーションをスカイスキャナーで手配して、
宿は友人の家か、友人のいない国はブッキングドットコムで手配した。

後は待つだけ。

こうして私のヨーロッパ周遊のルートが出来上がった。

London, Malta, Amsterdam, Paris was on my list and also to see my friends,  Malta had a place called Comino which I saw on Facebook my friend posted a beautiful ocean photo, since then, I always wanted to go. Venice, My grand father kept saying to me go there when he was alive, 
I bought all the plane ticket and now I am ready.  Just need to wait the date I will fly.

















Comments